柿日和〜その1 ( ガーデニング )

この家に引っ越して来る前から、この柿の木はありました。

前に住んでいた方が植えたそうです。

ご本人曰く「美味しくないよ。」

でも、次の年に成った柿の実は甘かったです。

ただ、気がつくと萎んでしまっているので、

この頃はこの木の実を食べていませんでした。

あまりに大きくなってしまった柿の木を、一度小さく切りました。

でも、今またすばらしく大きくなってしまってます。

主人が気が向くと切ってくれるのですが、成長の方が早くて、

とても追いつかないです。

昨年、主人の気が向いたのがちょうど柿の実が成って少し経ってからでした。

なんとなく赤くなった実を拾ってかじってはみたものの、えらく渋かった。

えええ〜?こんな渋かったっけ?

甘いと思ったのは、錯覚だったのか?

ちゃんと食べたのは、もう何年も前なので。

けっこー鮮烈な刺激、でした。

昨年の夏、主人の両親が近くに越してきました。

母は庭仕事が好きなので、うちの庭で草取りをしたり、

好きな花を植えたり、もう植えてあるバラの木などの面倒をみてくれたりしています。

その母が昨日、

「今年、柿すごく成ってるよ。もう食べた?」

と訊くので、

「食べてない。だってぇ 渋いんだもん。」

と答えると、

「えっ 渋いの? じゃあ、軒下に吊しておけばいいかなぁ。」

と言うので、

「なら、いいかもー

むしって持って行ってー」

と言うと、

「2つだけ試しに持ってくー」

と、持って帰りました。

が、夕方再び来ると、

「甘いよ!あれ!食べてみ。」

「まじで?」

(実の母ではありません。あくまでも主人の母 のわりに、この言葉遣い(^◇^;))

本当に甘かった。

多少青くても、です。

うちには、生ゴミ処理機があって、それでできた物を肥料として置いてあります。

母曰く、「柿の木の根元に沢山まいといた。」そうです。

落ち葉を根元に集めて置いておいたりもしたので、そういうこともあるでしょうか。

今年の柿は甘いと聞いた主人曰く、「根元に何体か埋めといた効果がでたか。」

何体かって、何をよ・・・?

そんなん、どっから持ってきたのよ(^◇^;)

でも、それってさ、

埋めておいた物体が、タンパク質と水分とかでできた物体がこー・・

腐って、土に溶け出して、それを柿の木が吸って、

まんべんなく自分の体に送り出して、

そして、自分の子孫を残すために実に集めて、

それを私が食った、ということで・・・

・・・・

・・・・

深くは考えないようにしよう。

美味かったので、よしとしよう。

(いやいや 実際は肥料しか埋まってませんよ(^◇^;))

最後に、今さっきむしってきた柿の写真を載せておきます。

殺虫も殺菌もしてないので、ヘタも葉っぱも綺麗じゃないけれども、

買ったのより甘いかも。

近くに枇杷も植えてあるんだー♪

期待できそー♪

まだ枇杷はなったことがないのですが(^◇^;)