甘えん坊の「まいまい」16歳の死 親友は呼び続ける ( その他趣味 )

甘えん坊の「まいまい」16歳の死 親友は呼び続ける

9/8(土) 20:23配信

滝本舞樺さん(左)と山口海梨さん(2018年6月、山口さん提供)

 集落が土砂にのみ込まれた厚真町吉野地区。北海道厚真高校1年の滝本舞樺(まいか)さん(16)が見つかったのは、地震当日の6日午後のことだ。親族によると、家は10メートルほど下の田んぼまで押し流された。父親(39)の死亡も確認された。【写真】山口海梨さんにおぶわれる滝本舞樺さん。一緒に「プリクラ」で撮影した=2018年8月、山口さん提供 舞樺さんの同級生の山口海梨(かいり)さん(15)は、いまも親友の死を受け入れられない。1学年22人の小さなクラスで、誰よりも仲が良かった。 6日午前3時8分。震度7地震に襲われてすぐ、舞樺さんの携帯に電話した。4回かけてもつながらない。不安がつのる。 「まいまいの家は昔ながらの家だから……」 空が白んできた午前5時ごろ、たまらず4キロほど離れた舞樺さんの家に向かった。でも、途中で道路が土砂に覆われていて、行けなかった。その夜、遺体で見つかったと聞いても、信じられなかった。 保育園から高校までずっと一緒だった。中学のときに入った吹奏楽部で、山口さんはサックス、舞樺さんはフルートを担当した。部活で悩んでいたとき、舞樺さんが「海梨ちゃん、一緒に帰ろ」と