頑張ればまだやれるかな? - あざみの気まぐれ日記

今朝、観るとは無しに観ていたテレビ。

60代の男性が公園で軽やかに鉄棒している姿が目に留まった。

定年後、ここで鉄棒をしてみたら逆上がりが全くできなかったという。

逆上がりができるようになるのに半年かかったとの事。

よくぞ半年間、あきらめずにチャレンジしたものだと感心した。

(私だったら一度でもう無理と諦めるのに・・・。)

そして今は鉄棒をクルリクルリと若者もかなわないほど

上手に色々な技を使って回っていた。

スタイルも良く若々しい。これを続けているうち痩せたとの事。

マット運動の後転を3回失敗して諦めた私とは大違い。

私もまた後転、やってみようかと思ったりした。

※余談だが私、確か53歳(54歳だったかな)まで鉄棒の逆上がりが

できた。56歳でチャレンジしたときはできなくなっていた。

他愛ない事だが、こういうささやかなことが結構本人にとって

ダメージになったりする。

午後、町ぜみの写真教室に行った。

今日は受講生、私を含めて3人。

写真館経営の講師が画面構成など丁寧に教えてくれた。

写真には撮った人の人柄が出るという。

自分は被写体に愛情を持って撮るようにしていると話してくれた。

前回「撮った写真を次回持って来て下さい」と言ったので

写真を持って行って終わった後、観てもらった。

褒めて下さり、嬉しくなった。

そして思った。これからは、自分の心がときめいたりするものを

素直な気持ちで撮るようにしたいと・・・。

このまちゼミに参加して良かった。

講師の先生とこれを企画して下さった方々に感謝。

(こういう写真を持って行った)